impact4n.jpg

2013年05月24日

東京優駿(ダービー)情報

皆さん今日は龍です

 ブログの調子も戻った様です。皆さんの調子も如何ですか?
昨日のニュースでは、馬券代の1億5千万を純利益として
課税対象とし5千万円の賦課との大阪地裁の判決で結審しましたね。わーい(嬉しい顔)
当たり前と言うにはほど遠く、自分の事の様に固唾を飲んで見てました。
私が、被告でも無いのにってか競馬ファンの方でしたら
皆さん画面に釘付けに成ったのじゃ無いでしょうか?

どうも某局の新入社員教育じゃ有りませんが、
上司のやらせ的な要素も垣間見られますな。
しかしこの事件の裏には競馬ソフト成る物が有り、
こちらの方が気に成ります。また誰かが便乗スパムメールを
送ってきそうな気がして成りません。パンチ
皆さん一時所得を狙うならくれぐれもパットじゃ無く健全な窓口換金しましょうexclamation
さて、今週は東京優駿(ダービー)3歳牡馬の史上最強決定戦を迎えます。

1932年イギリスのクラシック競争ダービーステークスを模範に旧4歳牡馬・牝馬限定の
重賞競争東京優駿大競争として目黒競馬場の芝2400mでスタートしました。
1934年から現在の東京競馬場で行われる様に成り、戦後1947年から
再開され1964年に東京優駿日本ダービーに改称されました。
1984年のグレード導入制でG1昇格し、優勝馬・騎手共ダービーを制したものとして
称号が与えられる名誉有る祭典です。
過去、トキノミノル・シンザン・タケホープ・シンボリルドルフ・ナリタブライアン
直近ではディープインパクト等時代を反映する名馬が上げられます。


1.条件
   東京10R・・・お間違いの無い様にexclamation
   3歳オープン 定量芝左2400m Cコース 15:40分発走

2.コース&レース特徴
   ジャパンカップと並びJRAを代表するコースが主戦場。
   正面スタンド前直線の坂下がスタート。
   仕舞3コーナー〜4コーナーに掛けて下り坂、ゴールまで2度の坂越え
   最後の直線距離は途中から緩やかな登り坂で高低差は3m近く
   約526m新潟の外回りに近い長さです。スタート直後は、
   先行争いも有りますが、とにかく雄馬にとっても過酷な長距離
   4コーナーを回って最後のストレッチマッチと成るのは必定。

   並外れた瞬発力とスタミナ、末脚勝負で最後までペースを落とさず
   タフな消耗戦を制するパワーと根性と粘りが必要でしょう。
   差すか差されるかタフガイな勝負で歓声に包まれながら、
   緑と黒の刹那を真っ先突き抜けるのはどの馬か?
   いよいよ春の長距離コースを制する一戦がもう直ぐ始まります。
   皆さん準備は宜しいでしょうか?

3.歴代優勝馬( )内は2着・3着
   2012年 ディープブリランテ・・・・・・10番3人気(11番5人気・14番7人気)
   2011年 オルフェーブル・・・・・・・・5番1人気(1番10人気・7番8人気)
   2010年 エイシンフラッシュ・・・・・・1番7人気(8番5人気・7番1人気)
   2009年 ロジユニバース・・・・・・・・1番2人気(12番5人気・10番8人気)
   2008年 ディープスカイ・・・・・・・・1番1人気(7番12人気・3番6人気)
   2007年 ウオッカ・・・・・・・・・・・3番3人気(16番14人気・14番3人気)
   2006年 メイショウサムソン・・・・・・2番1人気(6番4人気・15番7人気)
   2005年 ディープインパクト・・・・・・5番1人気(7番2人気・15番7人気)
   2004年 キングカメハメハ・・・・・・・12番1人気(5番5人気・17番3人気)

4.人気の傾向
   1番人気・・・・・・連対率60.0% 3着内率70.0%
   2番人気・・・・・・連対率20.0% 3着内率20.0%
   3番人気・・・・・・連対率30.0% 3着内率40.0%
   4番人気・・・・・・連対率10.0% 3着内率20.0%
   5番人気・・・・・・連対率40.0% 3着内率40.0%

5.脚質傾向
   逃げ馬・・・・・・・連対率20.0%・3着内率20.0%
   先行馬・・・・・・・連対率22.2%・3着内率30.6%
   差し馬・・・・・・・連対率8.2%・3着内率3.5%
   追い込み馬・・・・・連対率6.7%・3着内率8.9%

6.歴代優勝ジョッキー
   2012年 岩田康誠・蛯名正義・ウィリア
   2011年 池添謙一・安藤勝己・後藤浩輝
   2010年 内田博幸・後藤浩輝・岩田康誠
   2009年 横山典弘・武豊・角田晃一
   2008年 四位洋文・小牧太・武豊
   2007年 四位洋文・福永祐一・岩田康誠
   2006年 石橋守 ・柴田善臣・四位洋文
   2005年 武豊  ・佐藤哲造・四位洋文
   2004年 安藤勝己・横山典弘・蛯名正義 

実績からすると四位君がbPですね。安勝さんは居ないので岩田君注意かな
とま〜何時もの事ながら、馬が走ってみない事には何とも言えませんな。
騎手は何れ劣らぬプロでしょうから折り合いと馬の調子が
好ければ、上手くコントロールしチャンスをものに出来る
能力は持って居るし、とにかく馬が調子よくて且つスタミナが有るかどうかで
決まる一戦で、怖い外人騎手も日本ダービー制覇を狙って最後の
直線は、叩きまくるでしょう。・・・(今回有力な好い馬に乗ってますよ。)
写真判定の際どいレースこそ緑と黒の刹那です。

7.有力馬紹介
( )内は性齢、騎手・調教師
1-1 キズナ(牡3、武豊・佐々木晶)
  皐月賞を回避でここに照準、強烈な末脚は前走京都新聞杯で証明済み。
  鞍上天才騎手の手綱捌きに乞うご期待。
1-2 コディーノ(牡3、ウィリア・藤沢和雄)
  折り合いを欠いた前走、伸びが無く惜敗消化不良が続いている。
  東京は、過去圧勝の実績有り、変わり身に期待。
4-7 ヒラボクディープ(牡3、蛯名正義・国枝栄)
  前走青葉賞で4番手追走するもアポロソニックの粘りを制し重賞初制覇。
  キズナとディープ産駒の同じ配合で距離適性は、十分見込める。
  皐月賞馬を脅かす一角には違い無い。
4-8 ロゴタイプ(牡3、C.デムーロ・田中剛)
  皐月賞での一戦では、追われると末脚爆発で1着
  1分58秒のレコード勝。騎手の手綱捌きで二冠達成成るか。
5-9 エピファネイア(牡3、福永裕一・角居勝彦)
  ロゴタイプとの前走勝負、最後半馬身差で2着成るも負けて強しの感有り
  何事も経験、何事も自分との勝負。後は鞍上の手綱捌きに期待。 
5-10 タマモベストプレイ(牡3、和田竜二・南井克巳)
  皐月賞では、中段より後方追走成るも直線叩き合いで足を延ばし5着
  ひょっとすると並外れたステイヤーの素質が開花するやも。
7-13 マイネルホウオウ(牡3、柴田大和・音羽秀孝)
  NHKマイルでは、大外から直線一気の末脚炸裂で1着。期待薄での
  出走で嵐を巻き起こした。今回は、距離延長でも陣営の自信の現れか。

それでは、最終予想までお待ち下さい。
posted by タマゴン龍 at 18:02| 大阪 | Comment(0) | 重賞登録馬情報と選択 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

優駿牝馬(オークス)

impact4n.jpg

皆さん今日は龍です。

 今週は、久しぶりに地方巡業が入りバタバタでした。
5月も中旬にさしかかり天気が良いと急に
暑さを感じて滅入ってしまいます。
どちらかと言えば昔から多汗症気味で、
夏より冬の方が過ごし安く感じてしまいます。
かと言って夏が嫌いなわけでも有りません。
どちらかと言うと活気に溢れる夏は好きな方です。
沖縄地方は、梅雨に入ったそうですが関西方面は、
まだまだ先の様ですね。今年は、雨が多いかな?
多ければ阪神が、面白く成るのですが・・・わーい(嬉しい顔)

さて、今週はと言えばご存知優駿牝馬(G1オークス)の
開催が5月19日(日曜日)東京11Rで予定されて居ります。
各専門誌もこぞって下馬評を発表しておりますが、
こちらも独断と偏見で、分析して行きたいと思います。

1938年イギリスにおけるクラシックレースでオークスステークス
にちなんで4歳牝馬限定定量の(阪神優駿牝馬)として芝2700mで
実施されました。
1943年から2400mと成り終戦後1946年に東京にて(優駿牝馬)
として再開され1952年までは、秋に開催されていた様です。
1953年から外国に倣って春の開催に変更され1965年に(オークス)
と称せられる様に成りました。

1.条件
  3歳オープン牝馬定量芝左2400mBコース

2.コース&レース特徴
  日本ダービー・ジャパンカップと言ったJRAを代表する
  レースが開催されるコースが主戦場。
  正面スタンドからスタートして、ゴール板を1回通過し1周する。
  仕舞3コーナー〜4コーナーに掛けて下り坂、最後の直線距離は
  約526m新潟の外回りに近い長さで緩い登り坂、スタート直後は、
  先行争いも有りますが、とにかく牝馬にとっては過酷な長距離
  4コーナーを回って最後のストレッチマッチと成るでしょう。
  本レースは、牝馬限定戦では、最長距離で3歳牝馬いとって
  桜花賞の1600mから一気に800m増える距離、スタミナと
  根性と粘りの勝負で、混戦を断ち切る能力が必要です。
  逃げ馬なら内ラチ沿いでスタミナを保てるか、馬群中央突破する
  瞬発力の有る馬か、はたまた大外一気に末脚勝負で出て来る馬か
  タフな勝負で歓声に包まれながら、緑と黒の刹那を
  真っ先駆け抜けるのはどの馬か?
  いよいよ樫の女王を決める一戦がもう直ぐ始まります。
  皆さん準備は宜しいでしょうか?

3.歴代優勝馬( )内は2着・3着
  2012年 ジェンティルドンナ・・・14番3人気(9番5人気・3番9人気)
  2011年 エリンコート・・・・・・4番7人気(18番8人気・12番2人気)
  2010年 アパパネ・・・・・・・・8番1人気
        サンテミリオン・・・・・17番5人気同着・2番8人気
  2009年 ブエナビスタ・・・・・・7番1人気(3番2人気・14番4人気)
  2008年 トールポピー・・・・・・15番4人気(6番13人気・10番5人気)
  2007年 ローブデコルテ・・・・・2番5人気(7番1人気・12番8人気)
  2006年 カワカミプリンセス・・・9番3人気(2番5人気・10番7人気)
  2005年 シーザリオン・・・・・・4番1人気(5番2人気・9番3人気)
  2004年 ダイワエルシエーロ・・・13番6人気(1番4人気・6番7人気)

4.人気の傾向
  1番人気・・・・・・連対率40.0% 3着内率40.0%
  2番人気・・・・・・連対率40.0% 3着内率50.0%
  3番人気・・・・・・連対率20.0% 3着内率30.0%
  4番人気・・・・・・連対率20.0% 3着内率30.0%
  5番人気・・・・・・連対率30.0% 3着内率40.0%

5.脚質傾向
  逃げ馬・・・・・・・連対率18.2%・3着内率18.2%
  先行馬・・・・・・・連対率 0.0%・3着内率 6.1%
  差し馬・・・・・・・連対率18.4%・3着内率25.34%
  追い込み馬・・・・・連対率 4.3%・3着内率 8.7%

6.歴代優勝ジョッキー
  2012年 川田将雅・内田博幸・松岡正海
  2011年 後藤浩輝・柴田善臣・池添謙一
  2010年 蛯名正義・横山典弘・柴田善臣
  2009年 安藤勝己・四位洋文・福永祐一
  2008年 池添謙一・蛯名正義・小牧太
  2007年 福永祐一・秋山真一・菊沢隆徳
  2006年 本田優 ・福永祐一・柴田善臣
  2005年 福永祐一・武豊  ・デザーモ
  2004年 福永祐一・池添謙一・江田照男 
実績からすると福永祐一君がbPですね。他蛯名正義・柴田善臣・池添謙一
と続きますが、馬が走ってみない事には何とも言えませんな。
騎手は何れ劣らぬプロでしょうから折り合いと馬の調子が
好ければ、上手くコントロールしチャンスをものに出来る
能力は持って居るし、若手にすればモチベーションの
最も高く成る一戦で、外人騎手も一攫千金を狙って最後の
直線は、叩きまくるでしょう。
写真判定の際どいレースこそ緑と黒の刹那です。

7.有力馬紹介
( )内は性齢、騎手・調教師
1-1 レッドオーヴァル(牝3、C.デムーロ・安田隆行)
  桜花賞での一戦では、一度差し切る場面も上がり3ハロンは
  メンバー最速、非凡な瞬発力は健在か?騎手の手綱捌きに期待。
2-4 アユサン(牝3、丸山元気・手塚貴久)
  桜花賞では、レッドオーバルに一度抜かれたが差し返した。
  騎手の手綱捌きの妙も有ったが実力は互角、主戦の力で2冠を目指す。
3-5 デニムアンドルビー(牝3、内田博幸・角居勝彦)
  デヴュー3戦目の初勝利は、圧巻芝2000m台での連勝は
  買い。さらに強く成るか正念場。 
3-6 サクラプレジール(牝3、横山典弘・尾関知人)
  2戦目のフラワーカップで早重賞初制覇。上り余裕の力強さ
  2400mは適正か?桜花賞・フローラS回避でここ一に照準。
5-9 ローブティサージュ(牝3、岩田康誠・須貝尚介)
  チューリップ賞で9着と大敗し桜花賞では8人気と後退
  するも5着と健闘・レッド7着・プリンセス8着を考えると
  ここが適正か。
7-13 エバーブロッサム(牝3、戸崎圭太・堀宣行)
  フラワーCとフローラSでは、惜しい2着。桜花賞回避しての
  出走は、長距離こそ適正との陣営の判断か末脚に期待。
7-14 プリンセスジャック(牝3、福永祐一・加用正)
  桜花賞では、レッドオーバルに置いて行かれたが後半ジリジリと
  追い上げ14番人気で高配当の立役者と成った。距離はこちらが
  合っているのかも知れない。鞍上に福永を背負っての勝負に期待。
8-16 クロフネサプライズ(牝3、武豊・田所秀孝)
  桜花賞では、1番人気に押されるもハナを切った展開に強風で惜敗。
  天才騎手の真骨頂で、スタミナ温存走りをコントロールしてこその天才
  馬券に絡むレースに期待。

それでは、最終予想までお待ち下さい。














ラベル:牝馬限定
posted by タマゴン龍 at 20:11| Comment(1) | 重賞登録馬情報と選択 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

ヴィクトリアマイル第三弾

impact4n.jpg


今日は龍です。
 今日のレース皆さん如何でしたでしょうか?
京都は荒れず、3レースまで極々平凡な結果で結局3レースに集中しましたが、
残念ながらトリガミと成ってしまいました。
何時もながらなかなか難しいもんだと反省の繰り返しですふらふら
色々な情報サイトからの勧誘は有りますが、やはり多かろう少なかろう
迷わず自分で立てた予想で、しっかり獲れる事にやり甲斐が有ると思います。
(努力したからと言って必ず報われるとは限らない
しかし努力しなければ絶対報われない。)
が私の座右の銘です。
その様な同好の士にこの情報が役立つ事を願って居ります。
さー気を取り直して明日のイベントに挑戦しましょう。

1.ヴィクトリアマイルの穴馬検討

・1番マイネイザベル:5歳 前走福島牝馬芝1800m2着0.0秒
           前々走中山牝馬S芝1800m1着―0.1秒
・2番オールザットジャズ:5歳 前走福島牝馬S芝1800m1着―0.0秒
           前々走中山牝馬S芝1800m3着0.2秒
・3番ジョワドビーブル:4歳 前走中日新聞杯芝2000m6着0.4秒
           前々走京都記念芝2200m7着1.4秒
・4番ハナズゴール:4歳 前走阪神牝馬S芝1400m4着0.3秒
           前々走京都牝馬S芝1600m1着―0.4秒
・5番ザッハトルテ:6歳 前走東京9RH晩春S芝1400m1着―0.2秒
           前々走中京12R鈴鹿特別芝1400m1着約―0.1秒
・6番ドナウブルー:5歳 前走ダービー卿T芝1600m10着―0.5秒
           前々走東京新聞杯芝1600m10着1.0秒
・7番アドマイヤセプター:5歳 前走高松宮記念芝1200m15着0.9秒
           前々走オーシャンS1200m11着1.1秒
・8番ホエールキャプチャ:5歳 前走阪神牝馬S芝1400m14着1.2秒
           前々走船場クイーン賞ダ1800m13着2.9秒
・9番アイムユアーズ:4歳 前走阪神牝馬S芝1400m10着0.9秒 
           前々走マイルCS芝1600m10着0.7秒
・10番イチオクノホシ:4歳 前走阪神牝馬S芝1400m2着0.0秒
           前々走阪神10RうずしおS芝1400m3着0.0秒
・11番ヴィルシーナ:4歳 前走産経大阪杯芝2000m6着0.8秒
           前々走エリザベス女王杯芝2200m2着0.0秒
・12番ゴールデングローブ:5歳 前走府中S芝2000m1着―0.0秒
           前々走名古屋城S芝2200m10着1.8秒
・13番レインボーダリア:6歳 前走マイラーズC芝1600m7着0.3秒
           前々走エリザベス女王杯芝2200m1着―0.0秒
・14番アロマティコ:4歳 前走福島牝馬S芝1800m4着0.1秒
           前々走関門橋S芝1800m1着―0.0秒
・15番フミノイマージン:7歳 前走阪神牝馬S芝1400m7着0.7秒
           前々走中山牝馬S芝1800m6着0.5秒
・16番メーディア:5歳 船橋マリーンCダート1600m1着―0.6秒
           前々走大井TCK女王盃ダート1800m1着―1.0秒
・17番サウンドオブハート:4歳 阪神牝馬S芝1400m1着―0.0秒
           前々走洛陽S芝1600m1着―0.3秒
・18番エーシンメンフィス:5歳 前走マイラーズC芝1600m17着1.1秒
           前々走京都牝馬S芝1600m2着0.4秒

以上出走馬の過去概要です。
現在のオッズでは、まだ何とも言え無い処も有りますが。
穴馬を選択する上で、見る処は前々走の着数と上りタイムです。
前走着外に成って人気を落として居る場合が多々有りますので
以外な馬が伏兵に成る時が有りますね。
G1とも成りますと牝馬独特のむらはともかく実力は拮抗して居ると
思われますので、極端なものは外します。
そこで、前回推奨馬以外を見て行きたいと思います。

2.上位人気馬

11番ヴィルシーナ
4番ハナズゴール
10番イチオクノホシ
17番サウンドオブハート

3.穴候補選択

1番マイネイザベル・・・・・前走・前々走の成績の割に人気が無い枠と歳で割り引かれ過ぎ
2番オールザットジャズ・・・上記と同じ理由でか
13番レインボーダリア・・・歳も有るが前走の成績が今一の典型的な穴馬例
14番アロマティコ・・・・・上記と同じ理由
16番メーディア・・・・・・中央で実力が通用するか但しダートからの変更は怖い
18番エーシンメンフィス・・前走の成績が今一で人気が下がって居るか

4.最終結論と買目           

1着:11・4
2着:10・13・17
3着:1・2・14・16・18

以上3連複フォーメーション

悪徳業者情報は、都合により見合わせました。
上記予想は、龍の独断と偏見ですのであくまで参考程度にして下さい。
それでは、また次回お会いしましょう。








posted by タマゴン龍 at 19:21| Comment(5) | 重賞登録馬情報と選択 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。